9/17,18(69,70日目) ~帰ってきました!山形の父ちゃん!母ちゃん!@山形~

山形で2件竹布お話会にお邪魔させて頂きました!!

 

そのまえに!

恒例のよたろ旅観光in山形?✨

 

img_4793 img_4802 img_4808 img_4809

蔵王連峰の御釜✨

蔵王刈田岳、熊野岳、五色岳の3連峰に抱かれた円形の火口湖です。

121年前に噴火し、今までに26回の噴火を繰り返してきてます。

冬の樹氷と共に有名です✨

 

山形から入ったから勘違いしてましたが、実は宮城県なのです!

 

img_4815

神秘的なエメラルドグリーン。

今でも度々沸騰する湖。

周りの地層のグラデーション。

 

すべてが美しかったです(^^)

 

img_4810 img_4817 img_4818

蔵王刈田嶺神社(ざおうかったみね) 奥宮

御釜にある神社です。御朱印を頂きました✨

各月にも色々な呼び方があるのですね。

9月は竹酔月を選ばせて頂きました!

 

 

さて、そろそろお仕事へ!

 

img_2724 img_2721

古民家ライフ(株)の〇晴間さんでお話会です✨

この旅で繋がったご縁です✨裏には御神木がある綺麗な川もあるのです!

http://www.takefu-salon.com/yotaro/2016/07/26/72515%e6%97%a5%e7%9b%ae-%ef%bd%9e-%e5%8f%a4%e6%b0%91%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%99%92%e3%81%97%e3%80%82%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%89%af%e3%81%97%ef%bc%a0%e5%b1%b1%e5%bd%a2%e3%80%81/

 

img_4859 img_4858

19時からのお話会でしたが、2時間ゆっくりお話しさせて頂き、

その後も皆様と竹布の製品を触りながら和気あいあいと癒されました✨

 

終わったのは23時頃でした!笑

 

会場に着くなり、不思議なご縁を頂いた松田さんが、

「息子よ!お帰り~」

と言ってくださり、

山形の父ちゃんができました!

嬉しかった~✨

 

衣食住で伝えていくこの場が、日本全国に広まりますように✨

 

img_2701

まこもサロンMagh

 

翌日は、まこもさんで前回に引き続き2回目のお話会です~(^^

img_4832

恒例のまこも風呂!

そこまで長く浸からなくても、ずっと体温を維持!冷えないです!

img_4827 img_4828 img_4829 img_4830 img_4831

まさに山形の竹布ショールームですね✨

img_4838

山形の母ちゃんです!!

笑顔が素敵で、元気いっぱい!みんなをいつも明るくしてくれて、逢うだけで嬉しくなるのです✨

再会が本当に嬉しかった✨

 

img_4834

まこもの菊池さん、伊藤さん!

前日より芋煮を準備してくださり、ありがとうございました(^^)

本当にお二人に甘えてばっかりの旅ですね。

ありがとうございます!!

 

img_4841 img_4842 img_4850

山形の母ちゃんがたくさんのお惣菜を作ってきてくださった✨

サツマイモの茎!美味しかった~~✨

 

 

 

img_4846 img_4849 img_4856

まこものお茶をたててくださいました~✨

よりマイルドで飲みやすかったです!!

 

 

img_4857 img_4854

さぁ、次は私の番です!笑

お腹が満腹でのお話会はのんびりしてて良いですね✨笑

皆様と2時間綿から伝わる温かさ。

そして、竹ガーゼの可能性を共有出来ました!

img_4855

ここでも母ちゃん大活躍!

以前より使ってくださっていましたが、

前回から1か月の間にすっかり竹布の伝道師となってくださっていました✨

 

「匂いもしなくて、快適(^^)」

「気持ち良くて、手放せない~」

 

皆様に竹布の体感を伝えてくださり、

ご一緒されていた娘さんも言葉を失う程の竹布愛が伝わってきました(^^)

当日は、東京や気仙沼!そしてお馴染みの日曜メンバー!笑

 

img_4853

 

皆様!ありがとうございました!!

何度来ても、癒される空間です(^^)

次は泊まりたい!笑

 

 

また来ます~✨

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/17,18(69,70日目) ~帰ってきました!山形の父ちゃん!母ちゃん!@山形~」への2件のフィードバック

コメントを残す